2010年06月15日

地方公務員共済のホテル、赤字穴埋めに巨額公金(読売新聞)

 総務省所管の「地方公務員共済組合」が経営するホテルの赤字を穴埋めするため、自治体が拠出した公費で不適切な補填(ほてん)を続けていることが、同省の調べでわかった。

 2004〜08年度だけで総額193億円に上り、組合員の積立金からも同額を投入していた。補填は約40年間にわたり続いており、公費だけで700億円以上がつぎ込まれたと試算している。同省は、不採算ホテルの閉鎖など抜本的な改善を指導する方針だ。

 同省によると、組合が経営するホテルの赤字総額は04年度以降、毎年65億〜97億円。08年度は91か所のホテルのうち、黒字は2施設。赤字穴埋めのため、公費35億円と職員の共済積立金35億円の計70億円が76施設に投入された。

 最高は、当時、37施設を所有していた、道府県職員が加入する「地方職員共済組合」の11億8200万円。

 補填は、人間ドック受診費用など組合員の健康増進のための資金を管理する経費や、組合員の住宅ローン資金を管理する経費から繰り入れ名目で行われた。いずれも自治体が拠出している公費と、組合員の積立金で折半して賄われている。

 組合からホテルへの資金繰り入れについて、総務省は、割引料金で利用した組合員の宿泊費を補助する場合に認めているが、赤字穴埋めは対象外としている。同省は、補填は1960年代後半から行われているとしており、「公共のホテルであっても民間と同じように独立採算が原則。毎年赤字を垂れ流すような施設は廃止すべきだ」と指摘する。

 北海道市町村職員共済組合は今年度から、赤字補填を取りやめた。経営していた二つのホテルの赤字は、毎年計1億2000万円前後。実際には赤字額を上回る資金を組合から繰り入れてきたが、「公費投入は住民の理解を得られない」と判断した。3月末で閉館した札幌市のホテルは、12年前に35億円を投じて建て替えたばかり。だが、売却額はその10分の1程度だった。

 土居丈朗・慶大教授(財政学)の話「赤字を公費で埋めるという考え方は不適切であり、非効率な経営につながる。公的な組織がホテルを持つ必要性も希薄で、事業自体を見直すべきだ」

 ◆地方公務員共済組合=地方公務員の年金や福利厚生の業務を行う共済組織。総務省所管は62法人あり、全都道府県と区市町村の職員約167万人が加入する。4月1日現在、和歌山、熊本、沖縄の各組合を除き、経営するホテルは84施設で、9割が赤字経営。

通天閣も「サムライブルー」(産経新聞)
【科学】「ブレ球」に迫る 無回転シュート ボール後方に渦(産経新聞)
<裁判員裁判>強盗致傷「指示」の男懲役9年 東京地裁判決(毎日新聞)
「煙たいが力ある」=仙谷官房長官起用で首相(時事通信)
国民の信頼回復にまい進=菅内閣、初閣議で基本方針(時事通信)
posted by ハンザワ ツギオ at 19:14| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

猿に学ぶ「親子愛」、民話資料館オープン…長野(読売新聞)

 親思いの猿を取り上げた民話「孝行猿」に関する資料館が、民話が伝わる長野県伊那市の宿泊施設「入野谷」にオープンした。

 猟師が撃ち取った猿を囲炉裏の火棚につるし、寝て目を覚ますと、目の前には炭火で手をあぶり、親猿の傷口を温める子猿たちが。心温まる話は明治以降、道徳教育の教科書で採用、市の無形文化財にも指定された。

 資料館には民話をイラスト入りで紹介したパネルや教科書、親猿をいたわる子猿の彫刻も。整備した市の担当者は「親子のきずなの大切さを感じる場になれば」。

デスクトップアイコンを何個くらい置いていますか?(Business Media 誠)
副業の収入、いくら?(Business Media 誠)
「尖閣に日本の領土問題はない」 岡田外相が強調(産経新聞)
ケータイ圏外だと「嫁も孫も来ない」 総務省が「地方の悩み」報告書(産経新聞)
「マイレージ」で高齢者の協働・互助を促進−北海道森町(医療介護CBニュース)
posted by ハンザワ ツギオ at 09:23| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

水島信金職員、1億円超着服=発覚後連絡取れず―岡山(時事通信)

 水島信用金庫(岡山県倉敷市)は21日、男性職員(44)が顧客の預金約1億1300万円を着服していたと発表した。職員は着服が発覚した4月27日から連絡が取れなくなっている。同信金は職員を懲戒解雇した。県警水島署に業務上横領容疑で告訴する方針。
 同信金によると、職員は福田支店(同市)で渉外係長だった2008年12月から今年3月、29回にわたり顧客14人(個人12人、法人2社)の定期預金の中途解約や普通預金の払い戻しをし、1回につき50万〜1000万円を着服。顧客には「金利の良いものに切り替えさせてもらう」などと資産運用を装い書類に署名・なつ印させていた。顧客1人当たりの被害額は最高で約3000万円だった。 

【関連ニュース】
建設会社で2億横領か=容疑の元社員逮捕
イベント経費1230万円横領=職員懲戒免職、告訴へ
元管理事務所長を逮捕=回数券着服、2億円相当か
三セク元所長逮捕へ=回数券着服、被害2億円か
元公認会計士を逮捕=ファンドから30億横領容疑-FXに使う・警視庁

産業界の懸念払拭できず、温暖化対策基本法案(産経新聞)
お帰りなさい、山崎さん=25日まで一時帰国―「科学の重要さ伝えたい」(時事通信)
フラれそう。距離を置かれた。浮気された。・・・・・・それでも、まだ間に合います(マーチン)
「事実を正確に説明」聴取終えた石川議員がコメント(産経新聞)
雑記帳 ナマコ増殖目指す水産高校生…宮城(毎日新聞)
posted by ハンザワ ツギオ at 15:56| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。