2010年05月19日

幻の「紀州東照宮・御船歌」復活 江戸初期とどめる30年前の音源(産経新聞)

 江戸時代から続く紀州東照宮(和歌山市和歌浦西)の例祭「和歌祭」の練り物の1つ、「唐船(とうぶね)」で歌われた「御船歌(おふなうた)」が16日の祭で、約30年ぶりに復活する。昨年9月に音源が見つかり、「眠らせておくのはもったいない。歌い継ぎたい」と地元の有志が「御船歌部」を作って練習に励んできた。太鼓に合わせ、「ヨーイヤサー」を力強く繰り返し、和歌浦の名所などを歌うめでたい歌が街に響く。

 「和歌祭」は紀州東照宮創設の翌年、元和8(1622)年に始まった。メーンの神輿(みこし)渡御には、薙刀振(なぎなたふり)、雑賀(さいか)踊など、全国の東照宮の祭りに例がないほど多くの伝統芸能が登場することで知られる。中でも華やかなのが竜頭のある「唐船」で、これを引き回して歌われたのが「御船歌」だった。しかし、時代とともに歌い手が減り、昭和50年代後半を最後に祭りから歌だけが消えた。

 そんな中、昨年9月に県教委の無形民俗文化財の記録調査で、文化遺産課の蘇理(そり)剛志さん(33)が歌の音源を収録したテープを見つけた。御船歌を構成する「長唄」「端唄」「せり唄」「やれ節」の、「長唄」を除く3曲が入っていた。

 歌はゆったりしたリズムで、歌詞には「ヤレ一にゃ権現二にゃ玉津島…アーヨーイヨイヨーイヤサー」など、和歌浦の名所旧跡や情景が歌い込まれている。

 微妙な音のひねりや声の伸ばし方にまで規則性があり、蘇理さんは「ここまで技巧が凝らされたものは珍しい」と驚き、「眠らせておくのはもったいない」と、昨年12月に友人らと「御船歌部」を結成。実際に歌っていた人や、聴いた人の協力を受け、大学生や地元住民約10人も集まり、復活に向けた取り組みにつながった。

 太鼓を担当する和歌山大4年、須山恵里さん(22)は「打ち方が独特でいい音を出すのは難しい」。歌を指導する和歌山市西浜の松平寿彦さん(62)は「若者の熱意に、伝えずにおれない。今後が楽しみ」と目を細める。

 和歌祭に詳しい和歌山大教育学部の米田頼司准教授は「御船歌は江戸初期の原形をとどめている点で非常に貴重。復活は、祭りが活気づく機会にもなる」と話している。

【関連記事】
「幕末ブーム」新たな名所に 「桜田門外ノ変」記念展示館29日オープン
上方舞山村流 山村若本紀、文楽劇場に出演 20歳ホープ「縁の綱」に挑む
平城宮跡守った情熱、今も 91歳学者が集大成14巻出版
女子高生ら早乙女装束で「御田植祭」 豊作願う笠間稲荷神社の伝統行事 茨城
宮出し 初のそろい踏み 神田祭
少子化を止めろ!

消費税上げに反対=社民・福島氏(時事通信)
<始祖鳥>飛べなかった…翼で体重支えきれず 英チーム結論(毎日新聞)
CO2濃度、最悪を更新=87年以降毎年−気象庁(時事通信)
大阪市三セク元所長を逮捕 回数券1470万円分横領容疑(産経新聞)
首相、23日に沖縄再訪問へ(産経新聞)
posted by ハンザワ ツギオ at 17:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

廃棄とんかつ、かつ重に転用販売=食品衛生法違反の疑い−神奈川(時事通信)

 神奈川県の生活協同組合「コープかながわ」のハーモス荏田店(横浜市青葉区)が、賞味期限が切れ廃棄するはずの生のとんかつを冷凍保存、かつ重として調理し再販売していたことが7日、分かった。かつ重には原材料名などが表示されておらず、同区保健所は食品衛生法違反の疑いがあるとして、調査を始めた。
 コープかながわなどが加入する「ユーコープ事業連合」(同市港北区)などによると、販売されたかつ重は「茶美豚のとろとろかつ重」と「茶美豚のとろとろかつ丼」の2商品。3月29日から4月24日まで約250個が販売されていた。
 同月24日に購入者から「味がすっぱい、はき出した」との苦情を受け、同店が調査したところ、売れ残ったかつを使用していたことが判明。内規では売れ残りは廃棄することになっていた。 

税収回復まで公約抑制=行政刷新相(時事通信)
ヘリ部隊受け入れ拒否、徳之島3町長が方針確認(読売新聞)
劇団四季 14年間の常設公演に幕 福岡シティ劇場(毎日新聞)
耳かき店員殺人事件 被告を精神鑑定へ(産経新聞)
<もんじゅ>炉心確認試験、5時間遅れで終了(毎日新聞)
posted by ハンザワ ツギオ at 18:19| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

1Q84 発売開始 ファン次々と(毎日新聞)

 村上春樹さんの長編小説「1Q84」の「BOOK3」(新潮社、1995円)の“秘密のベール”が16日、外された。ベストセラーとなった「BOOK1」「BOOK2」の同時刊行から約11カ月。一部の書店では午前0時に発売が始まり、熱心なファンらが次々と待望の新刊を買い求めた。

 分量は602ページと、過去2冊よりやや増えている。東京・渋谷の「SHIBUYA TSUTAYA」では、20人ほどが16日午前0時の発売開始を待った。本を手にした東京都中央区のヨガ講師、庄本範子さん(37)は「売り切れるかもしれないと、夫と子供を置いて買いに来ました。家に帰って早く読みたい」と興奮気味に話した。

【関連ニュース】
1Q84:「BOOK3」16日に発売 フィーバー再燃か
村上春樹さん:小説「1Q84」が304万部
1Q84:2巻累計39億円 ブランドムックが大ヒット オリコン書籍レポート
本屋大賞:村上春樹「1Q84」など10作品ノミネート 吉田修一「横道世之介」も
第249回 村上春樹と東アジア

民主、自民両党に地方消費税の拡充要請 全国知事会(産経新聞)
<火山噴火>欧州ツアーのキャンセル続出…代理店対応苦慮(毎日新聞)
橋下知事が阪神高速の料金変更に「自公政権よりひどい」と批判(産経新聞)
「女の子の質高い」スカウトから従業員雇い入れ 容疑の風俗店責任者4人逮捕(産経新聞)
J:COMケーブルテレビ回線電話が不通(産経新聞)
posted by ハンザワ ツギオ at 23:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。